坊っちゃん 夏目漱石  (PDF)

http://amakusa-web.jp/Sozai/Mg/FileAccess.aspx?aplUseNo=1384&angoFolderKey=zoq2a6AqTlkM7AZFp9mKvg%3d%3d&angoFileKey=ZBy%2bpwmiKDjWKlB8prv0kQ%3d%3d

 ▲  クリックしてください。



 親ゆづりん無鉄砲で子どんが時から損ばっかりしとる。小学校におる時分、学校ん二階から飛び降りて、一週間、腰ば抜かしたことんある。

 新築ん二階から首ば出しとったりゃ、同級生の一人が冗談に、いくら威張っとったっちゃそこから飛び降りゃえんどもん、弱虫よい、ちゅて囃し立てたけんたい。

 親類の者から西洋製のナイフば貰うて、綺麗か刃ば日にかざして友達に見せとったりゃ、一人が光るこた光るばって、切れそうにゃなかちゅうた。切れんことんあろかい、何でん切って見するちゅて請け合うた。そんなろ、わりが指ば切ってみろて注文したけん、何や指ぐりゃだこん通りたい、右手の親指ん甲ば斜に切り込うだ。

 幸いナイフが小もして、親指ん骨が堅かったけん、未だに親指は手に着いとる。ばって、傷跡は死ぬまで消えんどだ。

 そん他、いたずらもだいぶやった。そん度び、母が詫びに行たり、怒鳴り込まれて罰金取られたりしたこつもあった。

 親父は、いっちょん俺ば可愛がってくれんじゃった。母は兄ばっかりひいきにしとった。
こん兄は、どもこも色ん白うして、芝居ん真似して、女形になっとが好きじゃった。

 おりば見るたんべんに、こいつぁどうせろくなもんにゃならんて、親父が言うた。どもこも乱暴で、行く先が案じらるるちゅて、母が言うた。なるほど、ろくなもんにゃならん。見たとおりの始末たい。行く先が案じらるっとも無理はなか。ただ、懲役に行かでにゃ、生きとるばかったい。

 母が病気で死ぬ2・3日前たい。台所で宙返りばして、竈ん角で肋骨ば打って、どもこも痛かった。母がどんこん怒って、お前んごたる者なつらも見ゆうごてなかちゅうけん、親類に泊まりぎゃ行たとった。そしたりゃ、とうと死んだちゅう知らせの来た。そがん早よ死んてにゃ思わんじゃった。そがん大病なろ、もちった大人しゅしとけばよかたて、ち思うて戻って来た。

 そうしたりゃ、例の兄が、おりば「こん親不孝もんが、お前んためにおっかさんが早よ死んだじゃっか」ちゅうた。おりも悔しかったけん、兄が横びんたば張ったりゃ、えっとばっかおごられた。

 母が死んでからにゃ、親父と兄と三人で暮らしとった。親父は何もせん男で、人ん面さえ見れば、貴様は駄目だ、駄目だち、口癖んごて言うた。何が駄目じゃい未だに分からん。妙な親父も居ればおったもんじゃん。

 兄は実業家になるちゅうて、しきりに英語ば勉強しよった。元来女ごんごたる性分で、狡かけん仲んゆうなかった


                                                   もっと読む  ▲ 坊っちゃん 夏目漱石  (PDF)